11月 5, 2013

大阪の味タコ焼きとお好み焼

大阪と聞いて思い浮かべるのは、やはり食い倒れでしょうか。タコ焼き、お好み焼き、きつねうどんといったスタンダードな大阪の味です。街の路地を曲がると、家の軒先を少し改造したタコ焼き屋さんがあったり、お好み焼き屋さんがあったりするのです。その味は、庶民の味でもあります。特に大阪に旅行に行ったら食べたいのが、タコ焼きとお好み焼です。タコ焼きは、大阪たこ焼きミュージアムがあります。たこ焼きミュージアムでは、大阪人がお薦めの有名なタコ焼き5店舗があります。正統派のタコ焼きから、こだわりの創作タコ焼きまで色々な個性のタコ焼きを楽しむことが出来ます。タコ焼きのルーツや歴史もわかり、タコ焼きの道具品の数々も展示して紹介されています。大阪を中心とした関西地方のお好み焼には独特の調理法がありますが、小麦粉の生地に細かく刻んだキャベツや魚介類などの具材を混ぜ合わせて焼くことが多い。触感を軽くするために生地の中に長芋を混ぜ込むことも多いです。一度食べると大阪のお好み焼の美味しさが分かり忘れられなくなります。他にも、どて焼きや串揚げなど気軽に早く食べられるし、お小遣いでも買える値段で、おかずにもおやつにもなる食べ物、これが大阪の味グルメです。

大阪生活情報